男女どちらにも訪れる更年期障害の症状について

看護師

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠

睡眠時に呼吸が止まってしまうことがある│睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に意図せず呼吸が止まってしまうこと症状の事をいいます。この睡眠時無呼吸症候群の原因は大きくわけて二つあり、空地の通り道である軌道が狭くなってしまっていて、時折呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプと呼吸中くによる中区政睡眠時無呼吸タイプの2つがあります。前者はOSA、後者はCSAといった略称で呼ばれています。睡眠時無呼吸症候群になる人の9割がたは閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)に該当されるといわれています。

肥満気味な人に多い原因と合併症について

睡眠時無呼吸症候群の主な原因としては、脂肪などの増大によって骨格が圧迫され、気道を狭くしている場合などがあります。こうした睡眠時無呼吸症候群は合併症になる可能性があります。たとえば、偏った食生活や生活習慣を送ることによって肥満気味になってしまい、呼吸が時折止まってしまうことによって睡眠不足などが起きてしまう可能性があります。それがきっかけとなり高血圧や不整脈など、体全体に関わってくる生活習慣病になる確率が上がってしまうのです。そのため、睡眠時無呼吸症候群は決して甘く見て良い病気ではありません。また、改善のためには医療による治療とは別に、適切な食事と適度な運動などの生活習慣の見直しも重要となってきます。肥満が原因の場合は、減量をすることによって脂肪が燃焼すれば症状が改善できる可能性もずっと高くなります。