男女どちらにも訪れる更年期障害の症状について

看護師

糖尿病の食事療法

和食

現代生活に潜む糖尿病の危険│自身でも出来る予防と療法

近年になってよく聞くようになった糖尿病。この病気は現代ではとても身近な病気の一つといえます。糖尿病になるのはストレスや運動不足など幾つかの原因がありますが、糖尿病になる方の多くは、暴飲暴食をすることがあるなど、普段の食生活が乱れてしまっていることがあります。糖尿病を予防する上でも大切ですが、糖尿病になってしまった際には生活習慣を見直す必要が出てきます。通院をする以外にも自身で出来る、食事療法を取り入れていきましょう。

食生活に糖尿病の食事療法を取り入れるには

糖尿病の食事は、血糖をコントロールしやすく事を心掛けるために食事に気をつける事が大切です。主食、主菜、副菜などしっかりした献立を1日3食食べるように心がけ、適量の乳製品や果物を摂ることも必要となります。また、糖尿病の食事メニューを考える際には必要なエネルギー量を計算していかなくてはいけません。この必要なエネルギー量は年齢や性別、体重や日々の運動量から換算されるため、医師の指導を仰ぐ方がいいでしょう。また、意識した糖尿病の食事以外にも、間食なども控えていきましょう。アルコールや甘いものなどの嗜好品についても、血糖値の急激な上昇につながってしまうため、控えるようにしましょう。計算が大変なこともあったり、食べたいものが食べなかったりするため、投げ出してしまう方も多くいる食事療法ですが、長続きをさせるためには食べた食事を記録しましょう。また、満腹中枢の働きを活用して浴感でゆっくり食べることも大切です。勿論運動なども血糖値を下げるためには効果的ですので、日々の生活に取り入れていくようにしましょう。